排水管更生に関する基本的な知識

給水管の老朽化と違い排水管の老朽化はなかなか気づきにくいのが現状です。給水管の老朽化なら「腐食による赤水の発生」、「水の出が悪い」、「配管からの漏水」など視認しやすいです。しかし排水管の老朽化で一番問題となる点が「臭い」なので、老朽化しているのか判断しづらい、また修理を依頼しづらいというのが現状です。そこで排水管更生に関するポイントを記します。まず排水管が老朽化した時に生じる問題として臭い以外に「排水の流れが悪い」、「排水のあふれ」、「腐食による漏水」が挙げられます。特にマンションなどの集合住宅では起こりやすい現象です。こちらを更生する一番の方法はDREAM工法を行う業者に依頼することです。こちらは短い工期で、解体・復旧工事等が少なく低コストに抑える事ができるだけではなく、従来の排水管から劇的に寿命を延ばすことができます。

排水管更生とは何だろう

排水管更生とはあまり聞き慣れない言葉ですが、実は日々の暮らしを安心できるものにしてくれます。排水管は種類が豊富で、用途、使用環境によって使い分けられていますが、主に生活排水を下水処理場などに送り出す、大変重要な仕事をしています。しかし排水管も物ですから寿命はそれほど長くはありません。マンションやオフィスビルなどの排水管は素材により変わってきますが、寿命は数十年で、使用していく内に腐食などの劣化を起こしてしまいます。それは避けられないことです。排水管が劣化した場合、もちろん取り替えるのが最善の方法ですが、建物自体に埋め込まれたような形で配置されているので、莫大な費用がかかる上に、建物が悪くなってしまう場合もあります。排水管更生は業者や排管の種類により方法は多種多様ですが、基本的には排水管内の色々な汚れを落とし、特殊な樹脂などで排管を延命させます。

排水管更生が必要な理由

排水管は建物と同様、経年劣化や地震などの天災により徐々に傷んできます。一般住宅でももちろんですが、アパートやマンションの場合は階下の住居に水漏れ、排水管詰まり、流れが悪いなどの現象が起こり、原因が複雑になることも多数あります。排水管を取り替えるという選択肢もありますが、排水管は建物の奥深くにあり、取り替えるには建物を大幅に解体する必要があり、あまり建設的な手法ではありません。そこで既存の排水管のまま、その状態をよくしたり防止するのを排水管更生と言います。上記のように水漏れ・詰まりを取り除くのはもちろんですが、実際に排水管更生を行った後にすぐに水漏れや詰まりが起こってしまうようでは作業する意味がありません。近年はその工法にも多様性が出てきており、地震などの振動に強い樹脂などで排水管の内側を被ってしまうような工法も出てきました。実際に排水管更生を検討する場合は工法やコストまで見比べて検討するのがよいでしょう。

2011年、スカイツリーのエレベータも手がける株式会社日立ビルシステムと提携を結び、排水管更生技術を開発いたしました。 特許を取得した「トルネード工法」は弊社の技術の結晶です。 排水管を取り替えることなく、新品同様に更生するのが特許技法「トルネード工法」です。 樹脂製の管内ホースを採用しており、摩擦を最小限にとどめています。 排水管更生のことならお任せください